レディー

夜行バスを利用する時は事前に予約を行ないましょう

夜行バスのシート

運転席

いざ夜行バスを利用しようとした時、ほとんどの夜行バス運行会社がシートの数を指定しています。主に多いのが3列シートや4列シートといわれるシートですが、席の数によって料金や広さが変わってくるので移動の距離や予算に合わせて夜行バスのシートは選びましょう。遠方から東京や大阪へ向かう場合、夜行バスに乗って移動する距離は長くなるでしょう。その場合、3列シートを選択する人が多くなっています。夜行バスの3列シートは、横に2席のペアと1席が独立した形のシートになります。1席が独立しているので一人で東京や大阪へ旅行する時でも、隣を気にすることなく夜行バスを利用することができます。3列シートには、夜行バスを運営している会社によって席が1席ずつ独立している3列シートもあるので、予約する時にシートの確認をしておくといいでしょう。シートの数が少なくなれば少なくなるほど席と席の間が広くなるので、東京や大阪への移動距離が長い場合はゆっくりとくつろげるように考慮するといいでしょう。そして4列シートですが、通常運行しているバスと同じような一般的なシートになります。中央の通路を挟み横に2席ずつの4席シートがあるタイプです。4列シートは夜行バスの中で一番ローコストなシートになります。東京や大阪までの移動距離が気にならない人や、安く済ませたい人に向いているシートといえるでしょう。席の数によっては、4列シートでも足元が広く取られている夜行バスもあります。その場合はゆったりシートなど、わかりやすく表記されていることが多いので、4列シートを選ぶ時は確認しておくといいでしょう。